感想文
2001年
第28回青空学校東久留米教室

Cクラス:ウルトラおいCうCCのCクラス クラ坦 かおり

・かおりの感想文・

 みんな久しぶり。元気にしてるかな?いやぁーもうすっかり秋だねぇ・・・って読んでる頃はもう真冬!? ・・・2001年のあおぞら、みんなたのしかったかな?
 かおりはすーっごいたのしかったぁ・・。そしてとっても満足のいくあおぞらだったな。 たのしかったこと、今思い出してもいっぱいあるよ!
 まず、1日目の夕食大会!かおりの分はC−2班に入っていたので買い物の時からC−2班の子たちに混ぜてもらいました。 メニューは”シャケのホイル焼き””コンソメスープ””フルーツポンチ”みんなで一生懸命がんばって、 そしたらすっごいおいしくて、しかも夕食大会「第3位」になれたんだよねー。
 次は実習。今回のピタパン作り、みんなはたのしかったかな・・・?
 かおりはピタパン作りの責任者だったのであおぞら前の3,4日は不安で胃がイタクなった。 でも心強い指導員のみんながいてくれたおかげでなんとか大成功をおさめられました! それにしてもあの短い実習の間に何回「かおり〜」って呼ばれたんだろう・・・? かおりの人生の中でもっとも名前を呼ばれた日だと思うな(笑) そして欲を言えばあのピタパンをみんなにかまどで焼かせてあげたかった。雨のばかっ!!
 次はクラス交流会!インチキドラAもんクラスのみんな・・・乱入ありがと! Aクラスの乱入を機にCクラスの子たちは活気づいたんだよ〜おかげでスタンツの練習も元気にできて TOTOセイトーが生まれました。
 次はね・・・キャンプファイヤー!去年は市だか都だかの禁止令により毎年あんなに楽しみにしていた ファイヤ−も泣く泣くあきらめたケド・・・今年復活! たのしかったねー、点火の瞬間はハプニングに見舞われて、あまりにもトウトツな始まりではあったけど、 でもいっぱい歌っていっぱい笑っていっぱいおどって・・・本当にたのしかったよ!
 最後は運動会。かおり個人としてはあのストロー!なつかしかったぁ・・・。 かおりが小4とか小5の時ってあの長いストローは運動会の定番だったけどいつの頃からなくなっちゃったから けっこうさびしかったのに、今年思いがけずの復活。 必死なみんなの顔はこのかおりがばっちりビデオにおさめちゃいましたよ。
う〜ん、数えきれないくらいいっぱい楽しいことあったね!たのしくしてくれたみーんなにカンシャします ありがとう

 かおりからみなさんへのメッセージ・・・
 Cクラスの子どもたちへ
 エリ、きく、ゆい、しおり、ななこ、けんた、なつみ、ひさな、ひとみ、るりこ、 みんな三日間いっぱい楽しませてくれてありがとう。1日目、あなた達10人は指導員をダマらせる程 おとなしかった・・・。それがどうだろう・・・2日目の午後は本領を発揮し、指導員を困らせる程の元気をだして 、よく食べ、よく笑い、よくおどり、よく歌い、よく寝ました。ステキです! 本当にたくさんのしあわせをありがとう!
Cクラスの班坦へ・・・
かず: 三日間お疲れサマ。かずはとっても優しいね。
いつでもニコニコ子どもたちと遊んでたよ。今年は2回目、そして班坦の人数の少なさも手伝って 責任をもちながらよくがんばってくれました。ありがとう!
ゆりか: 三日間お疲れサマ。この2年間、ゆりかとは本当に多くの時間を共に過ごしてきたね。 2年間同じクラス、2年間授業班・・ゆりかも言ってたけど本当に共に笑って共に泣いてっていう感じだった。 三日間イヤな思いやつらい思い、ゆりかにはたくさん負わせてしまったことを申し訳なく思います。 そして卒業証書の手紙(?)すっごいうれしくてすっごい感動した。泣きました。 本当にありがとう!
さゆり: 三日間お疲れサマ。実は今年、初指導員のさゆり・・・そんなことすっかり忘れてました。 というよりむしろ初だって事を忘れさせてくれる程頼りがいのある存在でした。 何かと色々たのんでもイヤな顔1つしないで「いいよ。わかった!」っていってテキパキ 手を動かしてくれたり、とっても大切な縁の下の力持ち的存在のさゆり。 いっぱい助けてもらいました。ありがとう!
りょうた: 三日間お疲れサマ。久しぶりの参加、そして突然の参加。クラ坦かおりの不安要素をすべて独り占め状態。 でも、いざあおぞらが始まってみてびっくり!テントは張れるし、カマドはできるし、ギターは弾けるし 、子どもの心はつかむし・・・いつからかとても頼れる存在でした。 そしてその明るさにどれだけ精神的に救われたことか。本当にありがとう!
みんな大好き!本当にありがとう!!

 メッセージ・・・
・クラ坦:ヒトミ&しょうこ・
 今年の会議始めの頃、3人でコソコソ筆談して、「3人でやらせてください!」って言って 2年目のプリクラ3人が誕生。生活指導のカズキもいれて4人で結束。 頭おかしくなって大爆笑のクラ坦会議。本当に色々あったね(笑)
 良き仲間、そして時には良きライバル。3年目の実現は無理だけど、 またいつか3人で何かできたらいいなと思う。ありがとう!

・事務局のおにーさん、おねーさん、おかあさま、おとうさま方へ・
今年の出だし、学校が借りられず本当に大変でしたね。 あおぞらができない、あおぞらがなくなる・・・。去年にもまして多くの問題を抱えた始まり。 でも今年はファイヤーまでできる最高のあおぞらでした。 これも事務局のみなさんが一生懸命努力をしてくれたおかげです。 でも、事務局だからできることがあるように指導員にだからできる事ってきっとあると思うんです。 だからもし、事務局からの要請があれば指導員は市長だろうと都知事にだろうと青空の良さを語って聞かせるつもりです(笑) また来年もいっしょに頑張っていかせてください。 本当にお疲れさまでした。そしてありがとう!

最後に・・・・生活指導:カズキ・
 本当に本当にお疲れさまでした。カズキには言いたいこと山のようにあるハズなのに、 いざ考えてみると、どう言っていいのか・・・。とにかく感謝です。
 今年、カズキが生活指導やるって予感に自信があった。そしたら本当に一人生活指導カズキの誕生! うれしかったです。そして今年こそかずきを泣かせるつもりだった。何回も何回もクラ坦会議やったね。 そのたびに4人でこわれて笑いまくってそのあと悩んで・・・そんなことの繰りかえしだったけど その全部に意味があったし、大切なことだったんだと思う。 クラ坦にとって生活指導のカズキは必要不可欠な人。カズキがいてくれたからクラ坦やっていけた。 うちらクラ坦3人にとって生活指導はカズキ。この3:1の相性ってすごいよね。 4人のうち誰か一人でも欠けてたらダメだった。 去年、4人で一緒に作ったのものはすべて宝物だよね!
本当にありがとう!!

 長くなってるけどあきずに読んで頂けると幸いです。
 〜ちょっとマジメなお話〜
 今年のテーマ、”パンだこりゃ!?”どうだったんでしょうか・・・?
 テーマ決めの日、会議を休まなくてはいけなかったかおりは、1つの意見としてあおぞらのカマド でもできるパン作りの案を文章で提出しました。
 そしたら・・決まってしまいました。「ピタパン作り」
 それから言い出しっぺのかおりは悩んだ・・・。胃も痛くなった。
一回目の指導員実習の時はかおりの通っている学校のパンの先生に来てもらって 失敗と成功をくりかえして1日が終わる。2日目の指導員実習は、教え手が自分一人。 正直、相当不安だった。でも救いだったのは指導員の多くが参加して、みんながすごく一生懸命になってくれたこと。 そして一回目の時から配合を変えてみてそれが成功したこと。
あっという間に青空本番。そして実習・・・。
不安だった。
 2日目は天気が悪くて予想外の展開・・・湿気は多くて粉の状態は良くないし気温が低くて発酵も遅い。 「あ〜どうしようっ」と思ってふと周りを見るとみんな楽しそう。その時思いました。 かおりが「平気!」って言ったらそれでいいんだと。 ひらきなおってからは本当にたのしかった。1つずつの班をまわってポイントポイントの確認はしっかりやって あとは班坦に任せる。子どもや指導員、事務局の人にいろんな質問されてそれにちゃんと答えるために持ってる知識を起こして 頭フル回転。そのことが自分自身すごく勉強になった。そして自信もついた。 だから楽しんでくれた、協力してくれたみんなありがとう。

 年々きびしくなっていくあおぞらの開催。でも今年のあおぞらに参加していた人達にはあおぞらを反対してくる人たちの心 を動かす力があるってかおりは思う。 こんな時代だからこそ青空はなくしちゃいけない。 そのためにできることはなんでもやろう!!そして参加してくれた子どもたち、お父さん、お母さん力を貸してください。
また来年の8月に一緒にまなんで、あそんで、友達つくれますように・・・・。

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.