第25回青空学校東久留米教室

平成10年8月8,9,10日開催


第28回青空学校文集序文

 今年25回目を迎えた青空学校は開催直前までその存続を巡り大きく揺れていましたが 、無事8月8日から10日までスローガンである「学ぼう!遊ぼう!友達つくろう」 をテーマにして七小で開催され、3日間を歌って踊って過ごしました。
 地域でひとりぼっちで遊ぶ子どもたちのためにと七小学童の父母にによって始められた 青空学校東久留米教室でしたが、今の子どもたちを取り巻く環境は、そのころよりもっと悪く なっているのかもしれません。しかし、事務局を取り巻く状況も厳しさを増してきました。 そんな中で青空学校を救ったのは指導員達の続けたいという熱い思いでした。
 参加してくれた子どもたちの声や3日間での変貌、また青空学校の趣旨に賛同して お手伝いくださる保護者の方達、それらに支えられて青空学校が開催できるのです。 ちょっとして事でキレてしまうことが多いこんな時代だから青空学校が子どもたちにとって オアシスになって欲しいと思います。 そして青空学校を卒業した子どもが指導員として次の世代に続けていきたいと思える青空学校 でありたいと思います。
 このところ七小や、隔年の会場校である滝山小からの参加者が少なくなりましたが、各校や 周辺にお住まいのみなさんにもっと青空学校の存在を知っていただき、東久留米全域や近隣地区 、また数年前から参加している朝鮮学校の子どもたちとの貴重な出会いの場として、 また異年齢の集団での生活体験の場としてご理解いただきたいと思います。 今年もご協力頂いたみなさま、ご迷惑をかけた会場校の七小に感謝いたします。 ありがとうございました。


戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.