・青空速報・



10月19日 第2回 狛江との指導員交流会

 狛江遊びの会の指導員の方と交流会をやりました。
 前回の交流会は狛江に招待して頂く形だったので、 今回は東久留米ご招待しました。 軽く昼食を食べ、今年の青空学校と少年少女キャンプ村について ハプニングなどいろいろなエピソードを聞いて盛り上がりました。

 お互いの活動の中で、子どもにどんなことを伝えたいと思ってるのか、 どうして皆は指導員を続けているのかなど、語らいました。 その場で、狛江のみなさんから出たことは、「異年齢の人たちと交流をし協力して何かをやり遂げる すばらしさ、自分からやってみよう、やれば出来るんだという気持ちを子どもに持ってもらいたい。」 「純粋に楽しいから。キャンプに行くと、内向的な子が外交的になったり子どもの変化、成長を感じる ことが出来て嬉しいから。」などという意見が出て、自分達も共感できるところがありました。

そのあとは、ゲームをして歌を歌って、とても交流が深まったと感じました。 これからもよろしくね、また遊ぼうね、などと言って別れを惜しみつつ解散しました。
 これからも、どんどん交流を深めてお互いに刺激しあい、 良い活動をしていければ良いなと思いました。

→第一回狛江との指導員交流会の様子はこちら
文責:入江 しょうこ(指導員)

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.