青空遊び会


7月12日  第9回青空遊び会  →フォトギャラリー(メンバー専用)

場所・時間:滝山団地一街区集会所、13:00〜16:00
参加:子ども18人、指導員9人

 来月に青空本番をひかえた、今月12日に「第8回遊び会」がありました。 今回の遊び会の日は、青空の申し込みの日とあって、よりたくさんの子供の参加を指導員一同期待していました。 ……が!! なんと遊び会が始まる1時の時点で集会所に集まった子供は2人。 指導員たちに不安がはしりました。。。 しかし、最終的には18人の子供たちが参加してくれてホッとしました。
 いつもなら最初のゲームはボールを使った「名前覚え」のゲームなのですが、いつもボールを持って来てくれるユリカが遅刻ということで、 悩んだあげくに「ハンカチ落とし」をやりました。 みんな、いつ自分の後ろにハンカチが落とされるかドキドキの様子で、鬼が後ろを通り過ぎると、手を背後でゴソゴソと動かして確認。 なんだかその姿がかわいらしくて微笑ましかったです。
 次に「爆弾ゲーム」をしようということになったのですが、ボールがなかったため、500のペットボトルで挑戦してみました。 あららイマイチうまくいきません。。。 やっぱボールを使うゲームはボールでやるべきだということを実感させられました(笑)
 次に、指導員たちの間で一時期大流行した「足相撲」を子供たちに伝授(笑)して、みんなでやってみました。 「足相撲」は体育座りの体勢で、片方の手を足の下に通して(右手なら右足)手を組み、動く方の足を使って前に進み、相手を見つけたら、 そのまま足だけを使って相手を転がすというなんとも大人気ない遊びです。。。 最初、一部の子供たちから非難の声を頂きましたが、始めてみればみんな真剣になって戦ってました。個人戦であり、勝ち抜き方式なのでなかなか燃えたみたいです。 ここでユリカがボールを持って来てくれたので、外にでて毎回恒例のドッチボールをやったり、また中に戻って「名前覚え」のゲームをしたり、たっぷり3時間みんなで遊びました。
 去年の青空後から続けてきた遊び会。そして早いもので来月に2003年の青空が開催されます。 気が付けばもう9回も「遊び会」をやってきました。 今回の遊び会で思ったことは、子供たちが自分をだしてくるようになったなぁということです。 良くも悪くも「遠慮がない」といった感じです(笑) 個性もどんどんでてきたし、子供たちからの発言や要望もいーっぱい増えました。
 さぁ来月は「青空」本番!!! 遊び会とはまた違うみんなを見れるのを楽しみにしているよ!! そして、遊び会では見られないような指導員たちの姿も楽しみにしていてね。。。
と、いうことで。2003年・第30回青空学校東久留米教室開催まであと1ヶ月!!! 滝山小学校でお会いいたしましょう☆
文章:荒川かおり(指導員)
戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.