青空遊び会


1月18日 第4回青空遊び会    →フォトギャラリー(メンバー専用)

場所・時間:滝山団地一街区集会所、13:00〜17:00
参加:子ども19人、指導員10人

 今年2回目となる第4回遊び会が2月22日(にゃん、にゃん、にゃんの日)に行われました。 今回も天気に恵まれ、清瀬市や西東京市など遠くから参加する子どももいました。
 最初にいつも通り自己紹介からはじまり、オニが名前を言ってボールをバウンドさせて言われた名前の人が2バウンドする前に キャッチする遊びからはじめました。 少し遅れてきた子どもが来るたびに自己紹介を何度もやったのに、ゆきちゃん(指導員)がボールを持ってオレ(テツ) の名前を呼んだときに「テス」と間違えてしまい、ユリカ(指導員)が「テス、テス」と言いはじめたら子どもにまで言われ続けました。
 次に外に出て男女対抗でドッチボールをやりました。男女ともにがんばり、外野にいたミズホは外野にボールが出て他人がボールを持つと 「2倍にして返すから!」と言いボールをゆずってもらったりしていました。
 次に「警ドロをしたい」という意見が多く、 半ばルールをはあくせず行っていたので、すごく走り回り疲れました。一度休憩するために部屋に戻ってお菓子を食べながら、 来月は小金井公園に出かけるので、何をしてあそびたいか意見をきき、「ポートボール」や「おおなわとび」などに決まり、 指導員(ひとみ、かおり、ねーちゃん)は「30人31脚」をやりたいと言ったのが子どもが誰もやりたがらず却下されたりしました。
 それからまた外に出て何をして遊ぶか決めていると、事務の間違いで五時までと連絡していたので、五時までだと子どもも思っていたので 五時まで遊ぶことになりました。そして「イルカの親子」をやりました。イルカの親子では、ねーちゃん(指導員)が「ホロッホー、ホロッホー」と 鳥の鳴きまねをしてから、子どもも「ホロッホー、ホロッホー」とまねをするので、変な光景で見ていて面白かったです。 次に「はないちもんめ」をやり、ふつうは1人を指名するのに「男がほしい」などの青空流の複数での取り合いをしたりして、 最後は1人対全員になったりしました。
 さすがに疲れたのか「中に行きたい」という声も出たのですが、「まだ外で遊びたい」という子もいて中と外で別れましたが、 中に行く子が多かったので、結局全員中に戻り歌を歌って終了しました。
 今回たった1時間延びただけですごく疲れました。来月は小金井公園まで行くので子どもがたくさん来るのでみんなに負けないくらい動けるように 体力を作っておくので、小金井公園では元気に遊びましょう! また今度小金井公園行くときに会えるのを待ってます。ヨロシク!

文責:米田てつや(指導員)
戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.