青空遊び会


1月18日 第3回青空遊び会    →フォトギャラリー(メンバー専用)

場所・時間:滝山団地一街区集会所、13:00〜16:00
参加:子ども14人、指導員10人

 今年初の第三回遊び会が1月18日(土)に無事に終了しました。 前回の天気とは打って変わって晴天にも恵まれ、 国立市や西東京市から来てくれた子どももいました。
 まずは『お決まり』の青空ソングの「ぼくのヒコーキ」「たんぽぽ」を 歌いました。今回は、初めて来た子が多かったにも関わらず元気に歌っていて、 集会所の外まで歌声がもれるほどでした。 その元気さは遊びにも表れていました。 「外で遊びたい!!」の声が多く、みんなで集会所の隣りにある 大広場(大公園)に集まりました。 一番最初は指導員が用意した柔らかいボールでドッヂボールをしました。 女の子が多かったにも関わらずみんな力が入っていてなかなか白熱な戦いになったと 思います。
 次に、イルカの親子をしました。これは敵チームの親を探すのにみんな苦労していま した。 なかには、「きっと、あの子が親だよ!!!!」と大声で敵チームに向かって言って いたりと心理作戦を使っている子もいました。このゲームは第一回目の遊び会でもや ったのですが、子供たちに大人気で二回戦までやるほどでした。
 イルカの親子で走り回った後は集会所に戻り、お母さん方が差し入れてくれた お菓子タイムでした。お菓子を食べている間、『お年玉』の話で盛り上がりました。 「何買った??」と聞くと、「モーニング娘。のグッツ一万円買った。」という子が いて、指導員一同ビックリでした。。
 お菓子を食べ終えて、今度は室内で遊びました。みんなで輪になって座って、ハンカ チ落としをやると見せかけてリーダー探しをやりました。このゲームをやって良くわかること は、子供たちがリーダーをやると、ジャンプすることが多い!!!!長い間のジャン プ。。 指導員にとってはなかなかこたえたと思います。。
 次に、鬼が名前を言ってボールをバウンドさせて言われた名前の人が 2バウンドする前にキャッチするという遊びをしました。「今カメラを持ってる 人!!」 とか「ピンクの靴下を履いてる子」など名前じゃなく目的の人の特徴などを言ったり する子もいました。なかにはなかなか鬼を交代できなくて目的の人から大分離れてバ ウンドさせたりしていました。このゲームは初めて来た子もみんなの名前を覚えられ て面白かったと思います。 名前を覚えた後は、はないちもんめをしました。このゲームは普通では一人ずつを取 り合うのですが、最後の方は4人ぐらい一気に取り合いをしたりしました。
 今回はその名のとおり遊びまくった遊び会になったと思います。この寒い中、外で遊 びたいという子供たちの元気さにビックリさせられますが、月に一回みんなとこう やって遊べることが、 指導員の元気の源にもなってると思います。次回もみんなが寒さを忘れるくらい楽し い遊び会にしたいと思います。2月22日(ニャンニャンニャンの日)みんな待って るヨー-----!!!
(文責:深沢 ひとみ(指導員))
戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.