青空遊び会


12月20日  第11回青空遊び会:青空クリスマス会
  〜お菓子の家を作って食べよう〜
場所・時間:西部地域センター、13:00〜17:00
参加:子ども28人、指導員11人
  →フォトギャラリー(メンバー専用)

 クリスマスまでもう少し!という12月20日に「第11回遊び会・お菓子の家を作って食べよう!」が開催されました。 今回は完全事前予約の参加費300円という遊び会だったにもかかわらず、28人の子供たちが参加してくれました(^^)

 今回の遊び会は初の試みで、地域センターの調理室を借りました。 当日こどもたちよりも3時間早く集まった指導員たちは、お菓子の家の土台になるスポンジケーキをシート状に焼くことから始めました。 材料を計ったり、粉をふるったり、混ぜたり。。。
普段ハンドミキサーを使ったりしないので、子供たちが集まる前から指導員たちははしゃぎまくり! 指導員ヒ○ミがふるってない粉をつかってしまったり(笑)とんだハプニング続出のスポンジ作りでしたが、失敗する人もいなく、無事に全班分のスポンジが焼けました。

 集合時間になると、こどもたちも続々と集まり始めました。 今回はあらかじめ参加希望をとっていたので、全員そろったところで遊び会の始まり!! 調理室に行くと、あらかじめ指導員が分けてあった班に移動です。 学年違い、性別違いのごちゃまぜの班。青空と一緒です。 班に分かれると、今回の担当指導員のゆりかとてつからおはなしがありました。 そして、まずは「お買い物くじびき」です。

 今回全部で5つの班ができました。5つの班が全部同じお店のお菓子売場に集中すると迷惑になってしまたり、他の班と買うお菓子が似てきてしまうという、担当者の配慮です☆ くじ引きには、ヨーカドー・ヤマザキ・二木の3つが書かれています。 みんな「二木がいいー!!」と言っていましたが、ジャンケンの代表者に全てが委ねられました…。みごと二木を勝ち取ったのは5班でした☆ お店が決まると、次は班のみんなで「どんなお菓子の家をつくるか?」という話し合いをしました。 紙といろえんぴつが配られて、完成予想図も書きました。
 全班が終わるといよいよお買い物に出発です!! かおりは5班担当だったので、二木に行きました。 5班はあらかじめ「これを買おう!」というのが決まっていたので、お店に入ったとたんみんな「小枝!!」「マシュマロ!!」なんて言いながら探してくれました(^^) 今回の買い物のルールはお釣りが0円に近いとゴホウビがもらえるということもあって、みんなは「これ20円だよ!」「これは100円だよ!!」なんて言いながらお釣りの計算も頑張りました。 結果、なんとおつり0円の班もでました!! みんなの完成と動物カステラをもらってみんな満足そうでした。2位の班にもごほうびが与えられて、いよいよケーキ作りの始まりです。

 今度はみんなで力を合わせてハンドミキサーで生クリームを泡立てました。 クリームができたら、各班完成予想図を目指して組み立てに入ります。。。 全班同じスポンジと、同じクリームと、同じ金額のお菓子なのに完成するとこんなに違うものができあがるんだなぁなんてみんなの無限の可能性を感じてしまいました(^^) 完成したケーキはフォトギャラリーで絶対見てね!!!! 試食会は、自分の班はもちろん他の班のケーキも食べて良いということだったので、自分の班だけでなく、色んな班の色んなケーキをみんな食べ歩いてました。

 今回の遊び会は「青空らしい」と指導員たちは口々に言っていました。 なんだか「夕食大会」に近いからかな?? これからもどんどん新しいカタチの遊び会で、新しいみんなの顔を見ることができたらいいなぁと思います!

 次回は1月24日。「大カルタ大会」です!! ただいま担当者により。企画が練られていますので。。。乞うご期待!!!!!!!
文章:荒川 かおり(指導員)
戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.