青空遊び会


11月22日  第10回青空遊び会
   秋だ!焼きイモヤキヤキ大会!
場所・時間:滝山野外演習場、12:30〜16:00
参加:子ども22人、指導員10人
  →フォトギャラリー(メンバー専用)

 遊び会も始めてから一年が経ち、今までのようにみんなで遊んだり歌ったりするだけでなく、 色々な企画を考えて月の遊び会をやることにしました。それで、10月の遊び会は「秋だ!焼きイモ、ヤッキヤキ大会」 がテーマになりました。焼いも大会は他の地域の青空でもやっていて、色々参考にしてやりました。
 青空が終わって2ヶ月ぐらい経っていたので子供も何人集まるかなという不安もあったけど、20人ぐらい参加してくれました。 あと今回は他の地域の指導員も参加してくれて、世田谷の指導員のケンジ君と目黒の指導員のまりこちゃんも参加してくれて子供たちとすぐなじんで、子供もからも話かけたりして良かったです!

 子ども達が集まったら、まず班分けをして2チームしました(テツ、ケンジチームとまーちゃん、まりこ、とよチーム)。 班に分かれて滝山グランドまで集団グリコをしながら行くことになつて、ジャンケンで勝ったほうがどんどん進めて勝ったチームには賞品としてマシュマロがもらえて、 子供たちはジャンケンに勝ったら一生懸命大股で前に進んで、テツ、ケンジチームはなかなかジャンケンに勝つ事ができず、 まーちゃん、まりこ、とよチームにどんどん離されてしまい、さらにトヨがジャンケンに勝って進む時誰もが驚くぐらい一番前に進んで (子どもたちもびっくりするぐらい)負けてしまいマシュマロを取られてしまいました。
 途中から歩いて滝山グランドまで行き着いたらハヤトとたろうが火を熾していて焼きイモを焼く準備をしていてくれて、 火がまだ弱いので落ち葉を集め+宝捜し(カプセル探し)をしました。 落ち葉集めに協力してくれる子供もいたけど、カプセル探しに夢中になりみんな必死でいつしか指導員も一緒になって探し始め最後の2、3個見つからないとカプセルを隠したハヤト、 たろうにヒントをもらい16個全部見つけて、両チーム8個ずつ手に入れて中の紙を見てみるとバナナ2本、うまい棒、 ヤングトーナッツなど書いていてあとで焼いて食べれる物がかいてありました。

 カプセル探しが終わると落ち葉かけを始めて、指導員も無邪気に(ハヤトは常にダッシュしながら)子供と一緒に落ち葉をかけあいみんな葉っぱまみれになり中には自ら葉っぱに埋もれている子供もいました。  その後は歌を歌い、最初はテツとゆりか(ちなみにギターデビュー)でギターを弾いたがあまりうまくいかずたろうに弾いてもらい、 校歌やバラあこなどを歌っていたら焼ける準備ができてみんなで焼きイモに濡らした新聞紙を巻いて次にアルミホイルを巻く作業をして、ミカはお父さんの分の焼イモを持ってきたり大きいサツマイモや、 バカな指導員(たろう)で「焼き焼きプリンだ」と言い市販のプリンを容器ごと焼いていたり(ちなみにあとで怒られてるよ!)宝捜しで手に入れたバナナやリンゴも同様にしてやきました。
 焼きあがるまで今度は網ほっぽった(世田谷や目黒の青空では「あみ投げた」というらしい)をやりました。

 ゲームが終わる頃にはイモも焼けてきて、ハヤトとトヨの「焼けたよ〜!」の合図でゲームをやめ手を洗い焼きイモを食べる準備をしてたべました。
 焼きイモはとても良い感じに焼けていておいしくて、焼きリンゴは甘くてとてもおいしく子供もおいしいと言って食べていました。焼きバナナは食べてみるとトマトを食べている感じがして、あまり人気はなかったけどマイは「うまい、うまい」と言っていました。あと、ゆりかの持ってきた紫イモは甘味があってとてもおいしかったです(ちなみに焼き焼きプリンも食べました)。賞品で手に入れたお菓子もみんなで焼きとてもおいしく今回、初めて焼きイモに挑戦して大成功しました。又来年もこの季節に焼きイモをできたらうれしいです!
文章:米田 てつや(指導員)
戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.