・第30回青空学校東久留米教室・


・青空運動会「競いな祭」
3日目:午前(体育館)

 今年の運動会班は青空のテーマが「お祭」というのに決まって「お祭」にちなんだものや定番な物を使ったゲームを考える事に決まり、 そして「1.つちゃう!?」「2.すっちゃう!?」「3.うちわっちゃう!?」(4.ぐっちゃう)というゲームを考えました。
 一つ目のゲーム「つっちゃう!?」では運動会班の手づくりで作った発泡スチロールの魚や亀、ザリガニなどを釣竿で釣るゲームで、 こども達ははじめはできるかどうか不安そうだったけど、ゲームが進んでいくうちに「まだ?まだ?」と言っていたり、 自分の番になると勢いよく出てやりにいったりしてすごく楽しそうにやっていて、釣れないこどもにはクラスみんなで応援したりして、 クラスがひとつにまとまっているのがすごく感じられました。
 ぎおんクラス、Cらたまいこ班のK君は長いストローでジュースを飲む競技がやりたくて、一つ目のゲームが終わって俺と話をしていたら、 「ストローのやつないの?」と言っていたので「あそこにストローが見えない!?」と言ったあとK君がストローを見つけると すごく嬉しそうな顔をしたので、まだ参加二回目で去年のストローが印象強く残っていて、今年も去年に負けないように印象に残ってくれればいいなと思った。
 二つ目のゲーム「すっちゃう!?」は班長さんが前に出て、祭りの名前(ねぶた、ぎおんなど)の書いたポールに輪を投げ、 入ったところに班で移動して早く飲み干すゲームで、指導員が一人のところはこどもが積極的に動いて、みんなで飲んでいたり 指導員を中心にこどもが協力し合って飲んでいて、「釣っちゃう!?」ではクラスの一体感だったけど、今年は班行動が少ない中、 班での一体感がよく見られました。
 三つ目のゲーム「うちわっちゃう!?」ではこども一人が一種目を行う(足りないところは指導員もやる)リレー形式のゲームで うちわを次の自分の班のこどもに渡さなければいけなかったので、今回もチームワークが大切で、ゲームが始まると入っていた指導員も熱中して やっていて、最後の順位が僅差だったりしてみんながのめりこんでいたので、とてもよかったです!!(ちなみにゲームの中で使った うちわの風で動く車はテツとヒデオの手づくりで、うちわの上にのせるやじろべえはユリカの手づくりでした。)
 今回、運動会班は全部の競技が新しく自分たちで一つ一つルールから考えて、ゲーム内で使うものも手づくりのものも多くて、運動会班みんなで 協力して作り上げたから、こどもや指導員がのめりこんでやっている姿が見れて嬉しかったです。 初挑戦のものが多かったので、見た目に分からないとこでたくさん失敗部分もあり、反省する点もあったけど、こどもの笑顔が見れたので満足でした。

文章:米田 てつや

Copyright 2003 青空学校東久留米教室
All rights reserved.