・青空速報・



6月8日 ミニ青空

 今年二回目となった滝山児童館での「ミニ青空」。今回も30人弱の子どもたちの参加がありました。 まずは今年生活指導のひとみとしょうこが前に立ってみんなに声をかけます。
 まずはみんなで歌を歌います。「青空ソング」から「あの青い空のように」。この曲は小学校などでも歌っているようで「この曲知ってるよ」 という声も聞かれ、みんなも楽しく歌えました。
 今回はみんなで歌に合わせての踊りもおぼえたのですが、子どもたちのノリが予想以上に良く、そのあとに歌った「僕のひこうき」でも 元気に歌って踊れました。サビの「どこまでも行こうよー・・・・」の部分はステップが難しく、みんなちょっと苦労している様子でした。
 そのあとはわれらが青空学校の「校歌」を児童館のみんなの前でお披露目。「まずはみんな聴いててねー!」と、指導員たちで歌い出したのですが その振り付けを見て子どもたちも自然に踊り始めてくれて、それを見た指導員たちはとっても感激していた様子。1年前からこの児童館での 「ミニ青空」に取り組んできて、子どもたちとの間の絆がしっかりと感じられるようになったと思えた一瞬でした。
 そのあとは「広場と僕らと青空と」を歌いました。前の二曲にくらべると振り付けが多くない分、みんなちょっと不満そうでしたが 、この曲も楽しく歌うことができました。

新・オレポン!!
 歌のあとはゲームです。まずは「オレポン」。生活指導のしょうこが手をたたいた数と同じ人数で集まって手をつないで座ります。 子どもたちもしょうこの手をたたく回数を聞き逃さないようにと、周りにどんどん集まってきます。  今回は新しいルールとして、手をたたくかわりに「ミニモニ」「スマップ」など芸能人や人気アイドルグループなどの名前を言って その人数だけ集まって手をつなぎます。「スマップと、トキオ!!」と、生活指導のしょうこが言うと、みんな急いで集まりますが 「何人だったっけ?5人でいいんだっけ?」とちょっと戸惑った様子でした。手をつなげないで残ってしまった人はみんなの前で自己紹介 をします。指導員のマナブは「俺は自己紹介がしたいんだぁー!!」と、わざと逃げ回っていましたが「あと一人足りない!」という グループにあえなくつかまえられていました。

梅雨つゆジャンケン!!
 オレポンの次は「梅雨つゆジャンケン」!!前回のミニ青空でやった「節分ジャンケン」 に続くジャンケンゲームで「グー」「チョキ」「パー」のかわりに「雨」「人」「てるてる坊主」を出します。「てるてる坊主」は「雨」に強くて 、「雨」は「人」より強く、「人」は「てるてる坊主」より強い・・・?と、みんなに説明して納得してもらい、3チームに別れてゲームスタートです。 「つーゆつーゆじゃんけんじゃーんけーんぽんっ!!」と、みんなのかけ声で「雨」「人」「てるてる坊主」を出すのですが、前回の「節分ジャンケン」 と同じようにこれにも振り付けがあります。まず「雨」は両方の手を方の高さまで上げて、手のひらを上に向け「あらっ、雨が降ってきたのかしら?」 というような表情をします。次に「人」は、両手を頭の上で合わせてひじを伸ばし、足を少し開いて体全体で漢字の「人」の文字を表します。 最後に「てるてる坊主」は両手を丸く頭の上で輪っかにして体を左右に傾けます。 チームごとに輪になって作戦を考え、元気な声で「あめーーー!」「てるてるーーー!!」などと叫んで楽しく遊ぶことができました。 子どもたちはこのゲームが気に入ったようで、振り付けもみんな完璧!中には「どうしても勝ちたい」という思いに駆られて他のチームが 何を出すのかスパイに行く子も出てきたり・・・。

震源地!!
 最後に、みんなで「震源地」ゲームをしました。「オニ」を一人と「震源地」を一人ずつ決めます。そしてみんなで輪になって、その中に オニを入れて、オニにばれないようにみんなで震源地のこの動きのまねをします。オニはみんなの仕草や目線を見ながら誰が「震源地」なのか 当てるのですが、これがなかなかムズカシイ。震源地になった子が「コマネチ」のポーズをしたり、コッサックダンスのように飛びはねたり 、それを他のみんなも一生懸命まねしました。このゲームはやはり「オニ」役や「震源地」役が人気で、みんなが「やりたい!」と手を上げて くれました。時間の関係で手を上げてくれた子全員が「オニ」や「震源地」をやることはできませんでしたが、みんなで楽しく遊ぶことができました。

 そうしているうちにあっという間に時間になってしまい今回のミニ青空は終了となりました。 「今日は楽しかったかなー?」と聞くとみんなが「ハーイ!!」と答えてくれて本当に嬉しかったです。 「今度いつ来るの?」「これって何曜日にやってるの?」とさかんに聞いてくれたみんなに、僕達の「青空学校東久留米教室」の説明をして プリントを配って「今度はあおぞらで会おうね!!」と手を振って帰ってきました。
 今回もご協力してくださった滝山児童館の職員のみなさん、本当にありがとうございました。

文責:中島(指導員)

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.