・青空速報・



6月29日 「狛江遊びの会」との指導員交流会(後編)

ゲーム大会!
 食事の後は「ゲーム大会」!!普段の活動で、子どもたちといっしょにやっているゲームをお互いに披露し合いました。
 狛江遊びの会からは「三位一体」「クライ」を教えてもらいました。遊びのルールについてなどは 「狛江遊びの会ホームページ」を参照してください。(活動報告なども充実してとっても素敵なサイトです。みんなぜひ見に行きましょう) 。東久留米青空からは「進化ゲーム」「節分ジャンケン」を紹介しました。進化ゲームは、相手を見つけてジャンケンに勝ごとに「わかめ→ぺんぺん草 →花(植物編の場合)」とだんだん進化していくゲームなのですが、それぞれの段階に振り付けがあります。しかも、同じ段階の(”わかめ”は”わかめ”同士) 人としかジャンケンができないので、同じ動きをしている人を見つけなければいけません。
 どのゲームも楽しく盛り上がることができ、また、お互いのゲームのレパートリーの中に新たなゲームを加えることができてよかったんじゃないかと 思います。よくよく見てみると、狛江は反射神経や頭を使ったスリリングなゲーム、東久留米は振り付けのある体を動かすゲームという特徴が 見えたりして、まぁ今回は公民館という場所を選んでこういう選び方になったんだと思いますが、なんか双方のカラーが出ているようで とても面白かったです。

活動報告会
 ゲームの後はお互いの活動の内容を発表し合いました。東久留米青空からは去年の「教科書」 をプレゼント。あおぞらの内容などを説明して、東久留米独自の取り組みである「夜の集い」なども紹介しました。また、この「青空学校東久留米教室」 が、今まで29年間続いてきたことなどを説明すると、狛江の指導員さん達もびっくりしていた様子。僕達もあらためてこの活動が 長く続いてきたことの重みを実感しました。
 狛江の方からは遊び会について、月一回この「遊び会」を開催していること、一時は指導員が2人だけになってしまい、子どもの数も少なくなって しまったけど、地元指導員の頑張りと、新たに他の地域から来た指導員達と協力して、今では30人ほどの子どもたちが集まるようになったことなどを 話してもらいました。また、子どもたちの「自治の力」を育てるために、子どもたちの中で”リーダー”を決めて、遊びの内容を話し合ってもらっ たり、その「自治の力」を生かす場として「少年少女キャンプ村」に参加していることなども説明してもらいました。
 また、両方に共通している”悩み”として「子ども集め」があり、それについて双方の現状を話し合ったりもしました。 狛江の方ではちゃんと印刷してつくったチラシがあり、それを市役所に持っていって、許可を得た後で学校で配ったりしているそうです。 手書きのチラシではまずダメとのこと。他にもいろいろ参考になる意見を聞かせてもらいました。気付けば一時間近くも話し込んでいて とっても有意義な時間だったと思います。

アピールタイム
 話し合いの後はアピールタイム、狛江の指導員さん達は「こまえあそびかい」「東久留米あおぞら」の言葉を頭文字にしての”あいうえお作文” 。素敵なメッセージも込められていた言葉に感激でした。東久留米は「青空学校校歌」を振り付きで歌って踊りました。最後に”決め”のポーズを 入れるはずだったのですが、一度目はミスってしまい、ちょっと慌てました。でも、青空学校東久留米教室のスローガン「まなぼう!あそぼう! ともだちつくろう!」はばっちりアピールできたんじゃないかと思います。
 その後はお互いに知っている歌を時間までいっしょに歌いました。「広場と僕らと青空と」「バラはあこがれ」「タンポポ」など。 「タンポポ」では、サビの「どんなーはなよりータンポーポーの・・」の部分の所の手拍子を教わりました。となりの人の手と手を合わせるのですが 一回ごとに手を交差させたり、なかなか難しくておぼえるのが大変でした。
 今度はお返しにと、東久留米青空のキャンプファイヤーで踊っている踊り、通称「ワッショイ」を披露。狛江の指導員さん達といっしょに 「草刈りをしていたら」「エンバン音頭」「入浴ソング」などをいっしょに踊ってきました。
 
今度は東久留米で!!
 1時から5時までの4時間、本当にあっという間に感じられました。何より狛江のみなさんが心のこもったもてなしをしてくださった事と、 とても楽しく交流ができたこと、そして活動をしていくに当たっての悩みなども含めて、しっかりと話し合えたことがよかったです。
 東久留米の指導員ばかりはしゃぎすぎたかなとも思ったのですが、狛江のみなさんも楽しんでもらえたようでホッとしています。
 次回はぜひ東久留米での交流会ができるといいなと思っています。その前に、お互い夏のイベントがあるので、どちらも大成功に終わって その「成果」を持って互いに自慢しあえるように、笑顔でまた会えるように、僕達も8月の青空に向けて精一杯取り組んでいきたいと思います。

東久留米で会いましょう!!

文責:中島(指導員)

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.