・青空速報・



4月27日 第三回指導員会議

 先週に引き続いて第3回の指導員会議が行われました。参加者は13人。今年度初参加のかずまさとめぐみ、 初指導員のひとみ(宇)が参加してくれました。
 今回の会議からは新生活指導のひとみ(深)としょうこが 司会を担当します。2人とも多少緊張した面もちでしたが、事前に前の生活指導のカズキと「引き継ぎ」をして 生活指導の役割やノウハウを教わったようで、しっかりと会議の司会を務めていました。
 しかし、指導員の中には昨年、一昨年と生活指導をとてもしっかりやってくれたかずき(通称「ボス」) が会議の席で真ん中に座っていないことに違和感を感じる人もいるようです。去年ひとみ(深)・しょうこと共にクラ坦 をやっていたかおりは「見ていてなんか面白いなぁ」と言っていました。でも、会議の中で当の生活指導たちから 「みんなに負けないようにがんばる!!」との発言も飛び出し、他のメンバー達もあたたかく支えていけそう なので、この調子で行けば2人が新しい生活指導として定着していくのも、さほど時間はかからないかなぁと思います。 がんばれ!ひとみ&しょうこ!!

テーマ・夜の集いについて
 今日はさっそく第29回青空学校の「テーマ」と 「夜の集い」 について話し合いました。 テーマについては去年のテーマ決めの段階で出された意見などを参考にしながらいくつかの意見が出されました。 夜の集いについては去年取り組んだ「むらさき花だいこん」の朗読と歌が指導員達の中でも印象に残っていて 去年の取り組み方を生かしたものを今年もやりたいという意見も出ました。
 「今の時期むらさき花だいこんが咲いているのを見ると去年の夜の集いを思い出すでしょ。だから今年も そういう身近なものと関係のある話をやるといいんじゃないかな」とカズキの意見。
 また、形式についても「映画を見せたりするのではなく、指導員達が何かを演じたり発表したりする方が 子どもの印象に残るのではないか」という意見も出されました。今後、これらの意見をふまえて、実行委員会や 全体会議などでじっくりと話し合っていこうと思います。

新・青空5ヵ条
 次に話し合ったのは「青空十箇条」について。これは青空学校に指導員として参加するに当たっての 心構えのようなものをまとめたものです。参考資料として数年前の青空十ヵ条を見てみたのですが、やはり 当時とは青空学校の状況も指導員の状況もかわってきているので、新しく作ることにしました。  「あまり多くする必要もないよね」という意見もあり、今回は「5ヵ条」にまとまりました。
青空五箇条
・時間厳守(5分前集合)
告、絡、談(ホウレンソウ)を心がける
・指導員としての自覚を持つ(子どもが一番)
・(行動に)メリハリを付ける
・個々人の目標を持つ

 これらの内容については、これからもみんなで確認し合って今年の青空がより良いものになるように 生かしていこうと思います。
 そして、この5ヵ条の中から「個々人の目標を持つ」と言うことについて、少し考える時間を取ったあとで 一人一人の「目標」を発表しました。一番多かったのが「会議に多く出席したい」という目標で、やはり みんな青空学校における会議の重要さをみんなが実感しているようです。 その他にも「子どもにたくさん名前を呼ばれるようになる」「(他の指導員メンバーから)「さすが!」と言われたい」 など、様々な目標が出ました。

ワッショイ!!!
 ここ数回、会議などで集まったあとには必ずみんなで歌ったり踊ったりしていた青空メンバー。 今回も会議終了後に誰からともなく「歌おう!」ということになり、青空校歌を振り付きで歌いました。
 そしてそのあとはキャンプファイヤー・踊りの部の踊り(通称「ワッショイ」)をやることに。 「草刈りをしていたら」に始まり「エンバン音頭」「入浴ソング」「アブラハム」・・・「団結」と、 かけ声がかかるとイヤでも体が動いてしまう指導員達は最後まで踊り通して少々疲れた様子。 本番の流れ通りに最後は「遠い世界に」の合唱までつけて、「こんなの毎週やってたら本番までもたないね(笑)」 という声も聞かれたり・・・。

 次回の会議は5月11日(土)19:00からで、内容は引き続きクラ坦決めとテーマ、夜の集いの内容 についての話し合いを予定しています。

文責:中島(指導員)

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.