・青空速報・



4月20日 第二回指導員会議

今日は第二回の指導員会議、参加は指導員12人事務局4人で、先週に引き続いてポスター作りの作業をしました。
先週みんなで書いたポスターをダンボールの台紙にはって、その上から雨にぬれても大丈夫なようにビニールをはります。 最後にひもをつけて出来上がり。毎年この作業をしている青空メンバーはなれた手つきで作業をこなしていきます。 指導員の人数も多かったので予定よりも20分ほど早く、全部で30枚近くのポスターが完成しました。 近日中に滝山を中心とした東久留米市内各所に張り出される予定です。
青空の楽しさが少しでも伝わるようにと一生懸命描いたのでたくさんの人に見てもらえるとうれしいです!

第29回青空へ向けての指導員体制
作業のあとは会議です。今日は第29回青空学校東久留米教室へ向けて指導員体制について話しました。 今日はこのホームページを見て「青空の活動にぜひ参加したい!」とメールを送ってくれたトヨが参加してくれたので トヨへの自己紹介も含めて、なぜ自分が青空に参加するのか?を一人一人発表しました。 ここ数年恒例となっているのですが、自分自身の意志や目的を見つめなおすとても良い機会になっているんじゃないかと おもいます。
みんなの発表を聴いていると「年に一度のお祭りだから!」「今年就職活動だけど、青空にこないと余計に気になっちゃって何も手につかなくなるから」など、個性的な意見がたくさん聞かれましたが、みんなに共通していたのは「青空が好きで、子どもが好きだから」という意見でした。
また、子どものころから青空に参加しつづけていたという指導員も多く「今振り返ってみると、とても貴重な体験だったと思う」「だからこそこの経験を子どもたちにもしてもらいたい。」という意見も聞かれました。 これらの熱い思いを込めて、今年の青空に向けてメンバー一同一生懸命取り組んでいきたいと思います!

生活指導決定!!
全員の発表が終わったあと、ついに今年の生活指導を決めることになりました。 なかなかすぐには決まらないんじゃないかという噂をよそに、ひとみ(深)としょうこが「はい!!」と手を上げて 生活指導に立候補してくれました。
「大好きなこのメンバーの中で生活指導をやれたら楽しいだろうなぁと思って立候補しました。」とひとみ。 全員の拍手で承認されて、この二人が第29回青空学校の生活指導に決まりました。
また、クラ担には高校生のまことが立候補してくれました。「まぁやってみようかと思って・・」といっているわりには やる気十分みたいです。その前の「なぜ青空に参加するのか?」の発表で、「言葉では説明できない何かがある」という意見も 出ましたが、子どもから参加しつづけているマコ(まこと)も同じように一言では言い表せない思いを持って立候補して くれたんだと思います。

青空「校歌」の振り付け練習
最後にみんなで青空学校「校歌」の振り付けを練習しました。振りを考えてきてくれたのは「青空のダンサー兼振付師」 ひとみ(上)とはやとの姉弟コンビ!みんなの前で実際の踊って発表してくれました。 その後はみんなで振りを覚えながら練習しました。今日はギターを持ってきた人がいなかったのでアカペラで校歌を歌いながら はやととひとみをお手本に何回も踊りました。
子どもたちといっしょに踊るのが今から楽しみです!早く夏がこないかなぁ!

文責:中島(指導員)

戻る


Copyright 2002 青空学校東久留米教室
All rights reserved.